• HOME
  • 相続税の節税チェックリスト

相続税の節税チェックリスト

相続税申告の際に、以下の項目に当てはまる土地をお持ちの場合、土地の評価を減額し、相続税を節税できる可能性がある土地の項目一覧です。
ひとつでも当てはまれば相続税の節税を行える可能性があるため、思い当たる方はぜひ一度ご相談いただくことをオススメします。

・ 間口が狭くないか?(道路と面した長さが8m以下であれば減額できる可能性があります)
・ 奥行きが長くないか?(間口:奥行のバランスが、1:2以上の場合減額される可能性があります)
・ 市街化区域か市街化調整区域か
・ 自宅の敷地と庭はどのように利用されているか
・ 自宅の裏の土地が無道路地になっていないか
・ 面積が大きい土地(500㎡~1000㎡超えていないか)⇒広大地に該当しないか
・ 倉庫が建っている土地
・ 生産緑地に指定されている土地
・ 私道にしか隣接していない土地(公道に面していない)
・ 駐車場と未利用の土地が一緒になっている土地
・ 近くに線路がある土地(騒音が発生する)
・ 近くに墓地がある土地
・ 最も単価の高い土地はどこか、小規模宅地の適用ができるかどうか
・ 二世帯住宅の建っている土地
・ 無道路地(公道に面していない)
・ 不整形の土地(長方形・正方形などの四角形ではない土地)
・ 接道が2メートル未満の土地(間口が2m以下の土地)
・ 市街化調整区域の雑種地
・ セットバックの必要な土地(道路幅が4mない道に接している場合)
・ 造成費のかかる土地(畑・田など)
・ 傾斜のある土地
・ 区画整理中の土地
・ 他人の建物が建っている土地
・ 賃貸物件敷地(アパートなどを貸している土地がある)
・ 容積率の異なる土地
・ 都市計画道路に該当する土地
 
上記のような土地がある場合、評価額が減額される可能性があります。

また、土地の評価が減額された場合、数百万円単位で評価額が変わり、税額でも大きな差が発生します
(税率30%の相続税の場合、200㎡の土地の路線価が1万円下がっただけで200万円の評価減となるため、200万円×30%で60万円分の節税ということになり、大きな差が生まれます。)

当事務所ではこれまで数多くの相続税申告を行ってきており、ご依頼いただいたお客様に最大限のメリットを享受して頂くため、「ぎりぎりまで相続税を下げます!」「お客様の主張を通すために戦います!」という2つのスローガンの下、相続税申告を行っています。


相続税の節税のポイント
 


仙台相続税サポートセンターでは無料相談会を実施しております!

毎日多くの方々から相続についての
ご相談をいただいております。
遺言書の作成から、相続手続き、名義変更や
相続税申告に関すること
など、
お困りのことがございましたら何でもご相談下さい。
税理士がお答え致します!
仙台を中心に宮城県、山形県、福島県、岩手県
皆様のお役に立てれば幸いです。 
m1140001.png


↓↓詳しくはこちらをクリック↓↓
Img4.jpg

 ※フリーダイヤルがつながらないときは、022-714-6134までお電話ください。
※相続のご相談は、直接お会いする面談形式のみとさせていただいております。
(お電話やメールのみのご相談はご遠慮いただいております)
お電話やメールでのご相談では、ご相談者の本当の背景がわかりにくい場合が多くなっております。
ご相談者の本当の悩みは、直接お会いすることでしか共感できないと当事務所は考えております。

sita_bana-.PNG

仙台相続税サポートセンターについて

matusima-egao0001.png トップへ戻る 事務所紹介
スタッフ紹介 相続税サポート
アクセス  

ImgTop7.jpg ImgTop8.jpg